ニキビ跡は市販薬

ニキビ跡は市販薬だけでは消すことができない

 

ニキビが治ったのに残ってしまったニキビ跡。時とともに治るケースもありますが、症状によってはほとんど変化がなく、治らないこともあります。ニキビ跡市販薬を使っても治らないケースも多いのです。というのはニキビ跡というのは一種の傷跡だからです。

 

ニキビの炎症自体は治まっても、その炎症が皮膚の奥深くまで及んでいた場合、いわゆるクレーター状のニキビ跡が残りやすくなります。これは傷跡のようなものですから、ニキビ跡市販薬程度では治りません。もちろん継続使用によって若干凸凹の度合いが減ることはありますが、完全に平らになることはまずありません。

 

さらにクレーター状まではいかずとも、色素沈着してシミのようになったニキビ跡も、実はニキビ跡市販薬で治すことは難しいです。これは一種のシミと考えてもらうとわかりやすいでしょう。シミを市販薬で治療するのが難しいと同様、ニキビ跡の色素沈着もニキビ跡市販薬での治療は難しいのです。

 

それでもどうしてもニキビ跡を治したいというなら、美容皮膚科がおすすめです。健康保険外の治療となるので、治療費は高額となりますが、その分最新の様々な治療法の中から、自分の症状に合った方法を選ぶことができます。