ニキビ跡を改善するピーリングとは?

ニキビ跡を改善するピーリングとは?

 

ニキビ跡がどのようなタイプであったとしても、ピーリングによるケアは有効です。肌のターンオーバーを活性化させて、トラブルを含む肌細胞の排出を早めることができます。

 

ピーリングには弱い酸が用いられます。その成分の働きを利用して皮膚表面を溶かすことではがれ落ちやすくするのですが、ケミカルピーリングの作用はとても強いのでリスクもあります。ですから、肌の状態を見ながら慎重に行っていくことになります。リスクはありますが効果も高いので、酷いニキビ跡を治したい時に有効であり、やや深い部分にまで達しているニキビ跡も短期間の治療で良くなります。治療の実施は立てつづけに行うことはできませんので、ある程度のスパンを空けて行っていくことになります。

 

作用の強いケミカルピーリングは心配だという人には、自宅で行える洗顔剤や化粧品が有効です。医療用のピーリングと違って穏やかな作用ですのでリスクはあまり高くありません。ただし、皮膚の表面を強制的にリセットするような働きを持つものですので、やはり頻繁に行うことは負担がかかります。ですから、実際に利用する場合には週に1回から2回程度と決めて、気長にケアを行っていくことが大切です。